ゴードン・マッタ=クラーク

 

国立近代美術館で開催されている「ゴードン・マッタ・クラーク展」に行ってきました!

マッタ=クラークというアーティストを知らなかったのですが

今回のような大規模回顧展は「アジア初」ということで、

どういう作品を制作した人なのか知りたくなり行ってみました。

建築、ストリートカルチャーなど幅広い分野で作品を残しており、

中でも有名なのは「ビルディング・カット」という作品。

本物の建築物を切って作品としているのですが、

実際カットしている映像があり、作品の規模と、制作課程を知ることがでしました。

また、「スプリッティング:四つの角」と言う作品では、

実際に、切断した建物から切り取られたものを観ることができます。

規模が大きく、考えることを楽しめる作品が多かったです。

ただ、映像も多いので観に行く際は、時間に余裕をもって行ってください〜