最近読んだ本について

こんにちは。デザイナーの森(優)です。
最近(?)読んだ本の中から印象に残った一冊について書きます。
0
「河童が覗いたインド」。

妹尾河童さんによる、インド旅行のエッセイです。

この本を開いて、まず驚いたのは、本文の文字。
本一冊全て、活字を使わず手書きなのです。


 
更に、全見開きに細密画のような挿絵が入っているのですが、
それも本人によるもの。その緻密さ、観察力に圧倒されます。
『旅のスケッチ』のレベルではありません。。

3

また、妹尾さんは巻き尺を持って旅しているそうで、
気になったものは採寸することもあるそう。笑
スケッチにも時々、寸法が書かれています。

これ↓は電車内のスケッチ。
座席の奥行きや通路の幅など、かなり測り倒しています。
2
 
文字や挿絵にばかり触れてしまいましたが、もちろん内容も最高です。

桁外れの好奇心を持った妹尾さんの旅は、
行きたいところに行き、食べたいものを食べる(お腹を下しても笑)というもの。
ここまでする?と思ってしまうような妹尾さんならではのエピソードもたくさんです。

とにかく妹尾さんの魅力に圧倒され、興奮しながら読了しました。
読んでいると、楽しくワクワクした気持ちになります。
そして、とってもインドに行きたくなります。
椎名誠さんのあとがきもよいです!
 
永久保存版。
おすすめの一冊です。ぜひ。
 
 
モリユキ