ナチュラル・ナビゲーション

こんにちは
デザイナーの平田です
仕事でWEBデザインをしているにもかかわらず
デジタル疲れみたいなものを感じている今日この頃です。
職場でPC、家ではネットゲーム、外ではスマホ。わからないことはすぐにグーグル。デジタルどっぷりな生活です。
便利なのはもちろんですけど、もうデジタルデバイスは現代社会では切っても切り離せないですもんね。
でも、日に日に自分の中の原始的な感覚みたいなものが鈍くなっているような気がしてなりません。

そんな折、おもしろい本を見つけました。
『ナチュラル・ナビゲーション 道具を使わずに旅をする方法』 トリスタン・グーリー著

ざっくり説明すると便利な道具(コンパスや地図や時計など)の代わりに星や太陽、風の動き、それに付随する痕跡などから
時刻や方角を導きだす方法が著者のいままでの経験をもとに書かれています。
自然に対して五感をフルに開いて観察すると眠っていた多くの情報を拾うことができるというお話。

いいですよね。ロマンスを感じます!
今年の夏休みはスマホを置いて旅に出てみようかな〜なんて思わせてくれます。
風を感じたい!

普段はPCを自分の手足の一部のように使って制作をしています。が、
何百度の炎の前で汗を流しながらガラスを制作する職人さんや、
全身の筋肉を使って重い荷物を運ぶ引っ越し屋さんのように身体的な疲労感はありません。
故に外界との繋がりが希薄になっているような気がしています。
制作物も0と1の集合体で視覚情報のみのモニターに表示されます。

書いててなんか残念な気分になってきました。。
でも、だからこそ人の温もりや温度感を大切に制作したいなと思う今日この頃です。